六・二六水害(昭和28年)

六・二六水害(昭和28年)

昭和28年6月の大水害により、市中心部を流れる白川が氾濫し、市民の66%が罹災(死者・行方不明者537人)しました。