新たな「大都市制度」の創設や「地方分権改革」の推進に取り組んでいます

意見表明・活動報告

ゆうちょ銀行における公金収納手数料の見直しについて(緊急要望)

平成19年9月13日

郵便局での市税などの公金収納について、本年10月1日、民間の金融機関として発足する株式会社ゆうちょ銀行が取り扱う手数料を、各都市における民間金融機関の手数料と同水準となるよう、見直しを強く要望するもの。

ゆうちょ銀行における公金収納手数料の見直しについて(緊急要望)

指定都市においては、従前より、市民サービスの観点から郵便振替による公金収納を行ってきたところであります。
先般、本年10月1日より民間の金融機関として発足する株式会社ゆうちょ銀行における公金収納手数料について、日本郵政公社から提示されましたが、その内容は、民間金融機関として他の金融機関と同様な取り扱いが求められているにもかかわらず、従前と変わらない、均衡を欠くものでありました。
今後は、「公正かつ自由な競争」を促進しようとする郵政公社民営化の基本理念に即して対応するべきものと考えます。
つきましては、各都市における指定金融機関及び他の収納代理金融機関と同水準となるよう、公金収納手数料の見直しを強く要望します。
平成19年9月13日
指定都市市長会

提案内容につきましては、次の資料をご覧ください。

このページのトップへ戻る