調査・研究・データResearch/Data

日本の大都市制度

日本の大都市制度

横浜市、名古屋市、大阪市、京都市、神戸市の5大市では、大都市自治の拡充と大都市行政の効率的な遂行のため、戦前から「特別市運動」を展開し、その結果、1947(昭和22)年の地方自治法制定により、「特別市制度」が創設されました。しかし、府県の反発により、特別市制度は適用されないまま、 1956(昭和31)年に廃止され、暫定的制度として「指定都市制度」が創設され、現在に至っています。

日本の大都市制度

※本ページの内容は広報冊子「横浜特別自治市」より抜粋